2013.09.10

【NBA】デリック・ローズが語る「リハビリ、震災復興、そして新シーズン」

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro 高須力●撮影 photo by Takasu Tsutomu, AFLO

デリック・ローズ●1988年10月4日生まれ、イリノイ州シカゴ出身。メンフィス大学で1年だけプレイし、2008年のNBAドラフトでアーリーエントリー。全体1位指名でシカゴ・ブルズに入団する。プロ1年目に新人王、3年目でシーズンMVPを受賞するなど、現役最高のポイントガードと称される。191センチ、86キロ。――レギュラーシーズンMVPはすでに獲得しています。今シーズン、どんな称号がほしいですか?

ローズ MVPなんて、どうでもいい。手にしたいのは、チームの優勝だけ。それにチャンピオンになれば、自ずとMVPもついてくるさ。

――MVPはボーナスだと。

ローズ そうだ。グレイトボーナスだ。

――過去、アレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・76ersなど)は、「バスケットボールは身体の大きさじゃない。ハートの大きさで戦うものだ」と語っていました。バスケットボールは、何を武器に戦うものだと思いますか?

ローズ もちろん、ハートだ。NBAは、何の略か知ってるかい?

――National Basketball Association(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)ですよね?

ローズ 違う。『No Boys Allowed(ガキは入るな)』。それは、年齢の問題じゃない。NBAに入れたのなら、誰だって試合に出たい。しかしコートに立てるのは、1チーム5人だけ。そこは戦場だ。甘ったれたヤツは、試合に出ることすらできない。

――ハートが強いプレイヤーかどうか分かるものですか?

ローズ 身体の接触を厭(いと)わないのか、嫌うのか。試合を決める最後のシュートを打てる選手か、ためらう選手なのか。ハートの強さは、試合になれば一瞬で分かる。偉大なる伝説になりたいなら、ハートの強さは不可欠だ。

――つまり、試合を決める最後のシュート、ローズ選手ならためらわないと?

ローズ 俺はそんなシチュエーションを愛している。神は俺に、『才能』というギフトを与えた。俺はハードな練習を積み重ねている。試合を決める最後のシーン、俺がボールを持っていなければ、おかしいだろ?


取材協力:WOWOW
10月26日(土)20時放送の『徹底取材!NBA再起をかける男たち』にて、デリック・ローズをクローズアップ!
WOWOW NBA ONLINEはこちら

関連記事