2013.06.06

【NBA】ついにファイナル!ヒートの連覇をスパーズは止められるか?

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro, AFLO

※チーム順位は各カンファレンスでの順位 一方、連覇を狙うヒートは、予想以上にプレイオフで苦しみました。特にカンファレンス決勝ではペイサーズのハードなインサイドゲームで劣勢を強いられ、最終戦までもつれる結果に……。象徴的だったのは、ゴール下のスペースをペイサーズに制圧されたことで、レブロン・ジェームズがファウルをしなければならない状況となり、その結果、レブロンがファウルアウトになってしまった第4戦です。レギュラーシーズンであれだけハードにプレイしているにもかかわらず、レブロンは今シーズン一度もファウルアウトになっていません。その出来事からも、いかにヒートがインサイドで苦しめられたかが分かります。

 そしてもうひとつ、ヒートにとって気がかりなのが、ドウェイン・ウェイドの調子でしょう。痛めているひざの具合が悪いのか、本来のキレのある動きがプレイオフで披露できていないのです。いくらレブロンがMVP級の働きを見せても、ひとりで勝てるほどファイナルは甘くありません。チーム全体としてシュートアベレージが落ちているので、それをどう立て直していくのかが、連覇のカギになると思います。

 好調スパーズと、王者ヒート。「どちらがファイナルを制するのか?」という予想は、正直、非常に難しいです。プレイオフだけの勢いを見るとスパーズに分があるように感じつつも、レギュラーシーズンのヒートの圧倒的な破壊力を思い出すと、そう簡単に決着がつくとは考えられません。まさに実力の拮抗した両チームなので、スイープ(4勝0敗)はないでしょう。

 ホームアドバンテージを考えると、第7戦までもつれ込むようなら、ヒートが勝つと思います。ヒートは第1戦と第2戦、そして第6戦と第7戦の計4試合を地元マイアミで戦えるので、長丁場に持ち込んだほうが有利でしょう。一方、スパーズがヒートに勝つためには、第5戦までにファイナルを終わらせることです。ファイナル終盤でのアウェーは、精神的にも体力的にもキツいものがあります。スパーズはベテランを多く抱えているので、できるだけ早く決着をつけたいでしょう。