2012.11.06

【NBA】どうしたレイカーズ。スター軍団、早くも崩壊の危機?

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi
  • photo by Getty Images

 ただ、個人的にはあまり、このシステムは好きではありません。こんなにも豪華なメンバーを揃えているのですから、選手個人の能力を最大に発揮できるノーマルなオフェンスでいいのではと思います。特に新加入のハワードは、こぢんまりとプレイしていた印象がありました。周囲に遠慮しているのか、本来のハワードらしさが感じられず、もったいないなと。もっと好き勝手にプレイさせたほうがいいような気もします。スバ抜けた潜在能力を持っている選手なので、そのキャラを活かしてほしいですね。

 終盤になっても大量リードを許していた開幕戦では、結局、しびれを切らしたコービーが個人の能力で得点を重ねていました。これは、昨年と同じパターンです。今シーズン、この状況が続くと、「コービーに任せればいいのかな?」「プリンストンオフェンスはどうなるのかな?」と、チーム内に不安が広がってくるかもしれません。それが非常に心配です。

 それでも試合に勝てればいいのですが、負けが続くと、チームの崩壊につながりかねません。今まで強かったチームがいきなり負け出すときは、チーム崩壊の兆しです。こんな贅沢なメンバーなので、崩壊だけは避けてもらいたいですね。今後、ブラウンHCがどうやって修正していくのか、今後もレイカーズ戦をチェックしたいと思います。


取材協力:WOWOW
2012-13シーズンがついに開幕!人気カードを毎週5試合ハイビジョン生中継!
WOWOW NBA ONLINEはこちら