2012.05.27

【NBA】ファイナル4がついに決定!
無敗のスパーズに若きサンダーが挑む

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi
  • 高須 力●撮影 photo by Takasu TsutomuPhoto by AFLO

※チーム順位は各カンファンスでの順位※チーム順位は各カンファンスでの順位  一方、イーストのセルティックス対ヒートというカードは、本当に先の読めないゲームになるでしょうね。今季レギュラーシーズンでは、どの試合も接戦でした。正直なところ、地味な試合になるんじゃないかな、と思ってます(笑)。というのも、セルティックスが勝つためには、ヒートの攻撃のリズムを落とさせることが必須だからです。レギュラーシーズンでも、得点力の高いヒートを60点台に抑えて勝ったことがありました。コート上にスペースがあると、レブロンもドウェイン・ウェイドもそこに割り込んでいくだけのパワーとスピードがあります。よって、2対2や3対3の状況を作らないよう、5人全員で守り抜く戦術が重要となるのです。となると、試合はどうしても派手なものにはなりづらい。玄人(くろうと)好みするゲームとも言えるのですが......。

「デュラントは華がないと言われますが、頂点を獲れば評価はすぐに変わる。伝説になれる選手」と語る佐古氏 「デュラントは華がないと言われますが、頂点を獲れば評価はすぐに変わる。伝説になれる選手」と語る佐古氏  対するヒートにも、不安はあります。最大の不安材料は、ビッグ3のひとり、クリス・ボッシュの不在です。カンファレンス・セミファイナルでボッシュをケガで欠いてから、ヒートらしくない試合が多くなりました。特に、インサイド経由でアウトサイドに流れるボールが少なくなっているんです。その結果、どうしてもレブロンとウェイドだけに頼らざるを得ず、ボールの流れが偏っています。ふたりの調子が良ければいいんですが、1~2点差のゲームとなった場合、ボールが偏り過ぎると他の選手は不安になってシュートを打てなくなるんです。レブロンとウェイドには頑張ってもらいたいですが、試合巧者のセルティックス相手には苦戦を強いられると思いますよ。

 ウエスト、イーストともに展開の読みづらいカードですが、ここを制すればついにファイナルです。どこが最後の大舞台に立つことができるのか、本当に楽しみですね。

取材協力:WOWOW
プレイオフも注目試合を放送!カンファレンス・ファイナルとファイナルは全試合生中継!
WOWOW NBA ONLINEはこちら

関連記事