2020.08.14

レッドブル・ホンダ、いざ反撃へ。
予選モード禁止の流れは吉と出るか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

 開幕からずっと言われている、予測のできない唐突なマシン挙動は改善されてきているとはいえ、完全に解決できたわけではない。マシンの限界点まで攻めてドライブする予選では、その弱点が出やすいようだ。

「僕らはまだまだ速さが足りていないし、まだまだインプルーブする必要がある。とくに予選だ。彼らが極めて強力な予選モードを持っていることは明らか。だから僕らとしては、パワーが必要なことも確かだけど、マシン側でも改良が必要だ」(フェルスタッペン)

 シルバーストンでは勝利を収めたが、メルセデスAMGとの差が縮まったり逆転したわけではない。タイヤとコンディションとコース特性が絡み合って、あのような展開になっただけのことだ。

「先週のレースがあろうとなかろうと、僕らにとっては何も変わっていない。先週はちょっと変な週末で、柔らかいタイヤが僕らにはうまく機能し、メルセデスAMGにはうまく機能しないという週末だった。

 スペインは温かいコンディションだから、今週はとても硬いコンパウンドだ。だから、レースもどうなるかはわからない。自分たちのパッケージのどこに速さがあるのか、見つけ出す必要がある」(フェルスタッペン)

 勝利とタイトル挑戦を視野に入れているからこそ、レッドブル・ホンダは目の前の結果に一喜一憂するのではなく、現実に目を向けている。

関連記事