2020.05.10

ルクレールもアルボンも本気。
F1バーチャルGPのポテンシャルは高い

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by AFLO


 実際、ゲーム機器やステアリングコントローラーの在庫が不足し、一部では価格高騰も見られる。筆者自身もプレイステーション4とコントローラーを購入し、『F1 2019』をはじめとしたレーシングゲームを体験している。

 ただ、ひとつ問題もある。

 正直に言えば、筆者自身もeスポーツのことは「しょせんゲームでしょ?」と軽視していた部類で、身体を動かす本来のスポーツとは一線を画すものだと考えていた。

 しかしその一方で、ゲームをプレーすることによって大会賞金や広告収入を得てマネタイズする「新たなビジネス」としては、高く評価すべきものであることもまた確かだ。プレーヤーたちはFPSや格闘ゲーム、スポーツゲームなど、あくまでゲームを巧みにプレーするプロフェッショナルとして評価される。

 だが、ことレースというジャンルのeスポーツとなると、議論の方向性が異なってくる。

 野球にせよサッカーにせよ、通常のスポーツであればアスリート自身が身体を動かすことが主体となるため、ゲームがリアルか否かが話題になることはあまりない。