2020.02.27

レッドブル・ホンダ、テストは順調。
メルセデスと比較、現状の差は?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)


「かなり走り込んで、レースシミュレーションも1回やった。新車について多くを学ぶことができたし、実際、そのフィーリングはとてもよかったよ。たくさんの周回数をこなすことができた。初回テストの現段階で最も重要なのは、そこだからね。

 このマシンへの理解を深めていっている段階だよ。クルマのフィーリングはいいし、信頼性もいい。現時点ではそれが一番重要だ。今の段階では、ラップタイムは何の意味もない。来週もテストは続くし、来週はさらに他の局面にも目を向けてテストを続けていくつもりだよ」(フェルスタッペン)

 テスト後半の3日間には、空力面のアップデートが持ち込まれる。

「来週のテストに開幕戦仕様のパッケージを持ち込む予定だ。開幕戦に向けてマシンをアップデートするし、その後もレースごとに継続的に新パーツを投入していくつもりだ」(ホーナー代表)

 メルセデスAMGは昨年、テスト2週目に大幅なアップデートを施し、マシンを大きく改良して世間を驚かせたが、今年はその予定はないという。