2019.11.07

チーム・ルマン、悲願のスーパーGT制覇を
亡きエンジニアに捧げる

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 岡山で開幕した時は正直、チャンピオン争いができるとは思っていませんでした。でも、みんなががんばってくれて、鈴鹿あたりから『勝てそうだな』と感じることができ、タイと富士で勝つことができた」(大嶋)

「気持ちだけは絶対に負けないようにしようと思っていました。(36号車とのバトルは)少し強引だったかなと思いましたが、最終戦でチャンピオンのかかったレースなので、引くことはできなかったです。

 阿部さんも毎回、いいクルマを用意してくれました。今年は天候など(判断が)難しいシーズンでしたが、それぞれの場面で常に正しい選択ができたと思います。(チームの)皆さんの判断が完璧だった。本当にチームに感謝です」(山下)

 監督就任4年目でタイトルを獲得した脇阪監督はシーズンを振り返り、最後にこう語った。

「これまでみんなを一度も褒めたことがありませんでしたが、今回は初めてみんなを褒めてやろうと思います。そして……天国の(山田)健二さんにもいい報告ができました」

 最終戦でチーム・ルマンは、何度も悔しい思いをしてきた。だがついに、全員が笑顔になってツインリンクもてぎを後にできる日が、ようやく訪れた。

関連記事