2019.05.15

「モナコまでに初優勝」に赤信号。
レッドブル・ホンダに足りないもの

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 前戦のアゼルバイジャンGPでスペック2を投入したホンダに対し、スペインGPでは当初の予定を前倒ししてフェラーリとルノーがスペック2を投入してきた。パワーユニット単体での比較では、依然としてホンダはわずかに差をつけられている。

「ここでの結果解析の結果はこれから出てきますけど、シーズン開幕当初からお話ししてきたように、あいかわらずフェラーリやメルセデスAMGに対しては劣っていると認識しています」

 車体で後れをとり、パワーユニットでも後れをとり、それが大きな差になってしまっているのがレッドブル・ホンダの現状だ。3位表彰台を獲得したといっても手放しで喜んでいられないのは、そういう状況がはっきりとわかっているからなのだ。

 開幕戦の表彰台はホッとした安堵感があったというが、今回の表彰台は「『よかったですね』というレベル」だと、田辺テクニカルディレクターは冷静に語る。

「車体開発において、バルセロナはどのチームもベンチマークにするようなサーキットです。ここで断トツに速くて、高速サーキットだろうが低速サーキットだろうが誰も着いてこられないくらいのマシンパッケージができていれば安心できるんですけど、まだまだそういうレベルではありません」

 昨年は圧倒的な車体性能で制したモナコGPでも、今年は苦戦を強いられるだろうというのが、大方の見方だ。低速コーナーの連続するバルセロナのセクター3で、メルセデスAMGが圧倒的な速さを見せたからだ。

「ここの最終セクターの低速コーナーのパフォーマンスを見るかぎり、僕らがモナコの最有力候補でないことは明らかだ。去年のように圧倒的に速いことはないだろうね」(フェルスタッペン)

「モナコまでに初優勝」という開幕前の目標は、余程の波乱が起きないかぎり、純粋な実力での実現は難しそうだ。

 開幕戦以来の表彰台を獲得したスペインGPは、その厳しい現実が突きつけられたレース週末となった。