2019.05.15

「モナコまでに初優勝」に赤信号。
レッドブル・ホンダに足りないもの

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 第5戦・スペインGPの表彰台に立ったマックス・フェルスタッペンの表情に、笑顔はほとんどなかった。

 2カ月前の開幕戦オーストラリアGPで表彰台に登壇した時とは、まったく違う。マシンを降りたフェルスタッペンは大喜びをすることもなく、そばに駐められたメルセデスAMGのマシンをまじまじと見詰めていた。

表彰台でフェルスタッペン(右)は笑顔をほとんど見せなかった「別になんてことはなくて、自分のクルマと違うところを見ていただけだよ」

 フェルスタッペンはそう言った。

 たしかにレッドブルとメルセデスAMGでは、マシンのディテールは随分と違う。しかし、それ以上に違ったのは、スペインGPでの速さだ。開幕戦メルボルンではルイス・ハミルトンを追い立てることさえできていたのに、2カ月後の今はまったく歯が立たない存在になってしまっていた。

「ターン1はずいぶん忙しかったね。だから一旦は引いて、まさにその行動のおかげで次のターン3に向けていい位置取りができた。あそこでセブ(セバスチャン・ベッテル)をオーバーテイクできたことで、表彰台が決まったようなものだよ。ただ、そこからメルセデスAMG勢を追いかけようと思ったけど、彼らは速すぎた」

 新車を作りあげた時点でつまずいてしまったのは、ある意味ではメルセデスAMGも同じだった。ここバルセロナで行なわれた開幕前テストでは、中高速コーナーでリアの挙動が極めてセンシティブで、ドライバーたちはステアリングを小刻みに修正しながら恐る恐るターンインしていっていた。

 それが2カ月後の今週末は、見違えるように完璧な速さを手に入れていた。

 その間、レッドブルも全体的なグリップ不足は改善してきたとはいえ、まだ満足のいくレベルになったとは言えない。

「今回は誰もがアップグレードを持ち込んできたから、僕らはメルセデスAMGに対して少し後れを取ってしまった。僕らの進歩も悪くない。だけど、メルセデスAMGほどの進歩を遂げられなかったというだけだ。僕らはもっと努力しなければならないし、いいパーツを投入する必要がある」(フェルスタッペン)