2018.11.17

ジェンソン・バトンが本領発揮。
参戦1年目でスーパーGT王者に輝く

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 開幕戦のころのバトンであれば、平川が逆転していたかもしれない。最後までポジションを守り切れたのは、「元F1王者」という称号におごることなく、ひとりのルーキードライバーとして日々勉強を積み重ねた成果だろう。その集大成が、チャンピオンのかかった大一番で存分に見えた。

「チェッカーフラッグを受けた時は、本当にうれしかった。スーパーGTは世界で一番タフなレースのひとつだからね。こうしてチャンピオンを獲得するのは、僕にとっては9年ぶり(2009年のF1)のことだけど、あの時と同じくらい大きなタイトルだと思う。

 チームメイトのナオキ(山本尚貴)はシーズンにわたって、いろいろなことを教えてくれた。そして、いつもすばらしい仕事をしてくれた。チーククニミツや、ホンダにも感謝している」

「スーパーGT」という今まで経験したことのないカテゴリーに挑戦し、時に失敗することもあったが、心の底からレースを楽しんでいた。その瞬間をひとつずつ、思い出しているかのようにバトンは語った。

 最後に、気になる来年のことについて聞いてみた。

「まだわからない。レースをしているのは、たしかだけど……、たぶん、今年と同じことをしているんじゃないかな」

 来年もバトンがさらに活躍してくれることを、日本のファンは待っている。

関連記事