2018.10.27

標高は富士山5合目。
ホンダは旧型エンジンで高地対応できるか?

  • 米家峰起●取材・文・撮影 text & photo by Yoneya Mineoki

 ルノーとランキング4位を争うハースの小松礼雄エンジニアは、ルノーが手強い相手になるだろうと言う。

「ランキング4位獲得のためには、1台入賞くらいでは十分ではなく、毎戦2台入賞を果たさなければなりません。ルノーは昨年、ここではダメでしたが、彼らが同じミスを繰り返すとは思っていません」

 そのルノーは前戦アメリカGPで6位・7位入賞を果たしており、コース特性の似たメキシコGPでも好走を見せられるはずだと自信を見せている。

「去年のような問題が起きるとは思っていないよ。ドイツGP以降は長らくタフなレースが続いていたけど、オースティンでは久しぶりに本来のパフォーマンスを発揮することができた。計算上、ここはコース特性がCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)に似ているし、我々にとっては空力パッケージも似たようなものなんだ。だから、ここでも好走ができると期待している」(ニコ・ヒュルケンベルグ)

「ここ数戦の苦戦から、僕らはレース週末に対するアプローチを考え直したんだ。オースティンではそれが功を奏したといえる。それと、ウチのクルマが得意な低速コーナーが多く、パワーセンシティビティが少し低くてクルマに合っていたということもある。そういう意味では、メキシコもパワーセンシティビティが低く低速コーナーが多いから、ダブル入賞が可能なサーキットだよ」(カルロス・サインツ)

 そんななかで、トロロッソ・ホンダはどう戦うか。マシンパッケージとしては、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスと相性が悪いわけではない。

「コース特性自体は、僕らのマシンに合っていると思う。いくつかのビッグブレーキングがあり、低速コーナーも多い。(空気が薄く)ドラッグが少ないから、マシンの空力効率がそれほど求められないということもある。