2018.05.08

スーパーGT「可夢偉の代役」が驚異の走り。
22歳の新星は何者だ?

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 5月3日~4日、富士スピードウェイで2018スーパーGTシリーズ第2戦が開催された。GT500クラスを制したのは「日産のエース」松田次生/ロニー・クインタレッリ組。MOTUL AUTECH GT-R(ナンバー23)が今シーズン初優勝を飾った。

表彰台で握手を交わす坪井翔(左)とヘイキ・コバライネン(右) 昨年から今年にかけて、日産勢は苦戦を強いられてきた。それだけに、序盤からトップに立つなど終始アグレッシブな走りを見せての優勝は、今後に光明をもたらす内容だった。

 しかし一方で、そのレースにおいて彼らに「快進撃を許さなかったルーキー」がいた。それが今回、GT500クラス初参戦で2位表彰台を獲得した坪井翔(DENSO KOBELCO SARD LC500/ナンバー39)だ。

 今シーズンの39号車は、2016年のGT500王者であるヘイキ・コバライネンに加え、参戦2年目の小林可夢偉をドライバーに起用。元F1ドライバー同士がコンビを組むとあって、開幕前から大きな注目を集めていた。しかしながら、第2戦の富士ラウンドは小林が参戦している世界耐久選手権(WEC)の開幕戦と重複したため、スーパーGTへの出場を辞退。その代役として、チームは22歳の坪井を抜擢した。

 2015年に「若手ドライバーの登竜門」として新しく始まったFIA-F4選手権でシリーズチャンピオンを獲得した坪井は、翌年から全日本F3選手権へとステップアップ。2017年は第10戦の鈴鹿でF3初優勝を飾ると、同シーズン後半は7連勝を含む9勝をマークしてランキング2位になった。今シーズンもF3に参戦し、さっそく開幕ラウンドの鈴鹿では2連勝を飾っている。

 また、スーパーGTには昨年からGT300クラスにフル参戦を開始し、中山雄一とのコンビでシーズン2勝をマーク。スーパーGTシリーズ初年度ながらランキング3位という好成績でシーズンを終えた。そして今シーズンは「町工場のGT王者」として知られる名門つちやエンジニアリングに加入。開幕戦の岡山では3位に入る好スタートを切った。