2018.04.07

F1昇格へのレールは敷かれた。
日本人ドライバー2人のノルマは?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 過去2年間GP3で戦績を重ねてきた福住は、今年FIA F2でランキング4位以内に入れば、その取得基準を満たすことができる。F2ランキング5位ならSFで8位以上、F2ランキング6位ならSFで2位以上が条件になる。

「スーパーライセンスがなければここから上(F1)には行けないので、もちろん目標はそこです。テストの感触が続けば、それは可能だという手応えはあります。こういう看板(レッドブル)を背負って走ることになったので、これまで以上にいい成績を収めなければいけないというプレッシャーはすごく感じていますが、具体的な目標としてはポールポジション獲得と第1レースで勝つことです」

 昨年ユーロF3に参戦するも、開幕前のテストでモノコックにダメージを負ってつまずき、途中負傷欠場もあった牧野は、今季FIA F2でランキング3位以内に入ることがスーパーライセンス取得の条件になる。

「目標はランキング3位以内に入ってスーパーライセンスを取ることです。でも、競争の激しいFIA F2なのでそんな簡単ではないこともわかっていますし、まずは目の前の開幕戦をきちんと戦って、いい流れを作ることが大事だと思っています。それ(F1に関する話)は結果を出せば自然とついてくることだと思うので、まずはこっち(FIA F2)に集中して戦って結果を出していきたいと思っています」

 F1と同じレース週末に同じサーキットで開催され、常に激しいバトルが繰り広げられるFIA F2で、ふたりの日本人ドライバーがどのような走りを見せてくれるのか。F1昇格を目指して戦う彼らの姿にも注目してもらいたい。

◆ホンダ、ショック! 開幕戦5位のマクラーレンは本当に速くなったのか>>>

◆F1ホンダ、無残なレースに。「信頼性が最優先」とは何だったのか?>>>

関連記事