2018.03.09

J・バトンのスーパーGT参戦記スタート!
「F1と違うから面白い」

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 もちろん、他のドライバーも勝ちたいと思っているから、簡単に勝てるものでもないだろう。だけどF1とは大きく違って、みんながチャンピオンを獲得できるチャンスがある。F1の場合はチャンピオンのチャンスがあるのはわずか1~2チームだけで、それ以外のチームはシーズンが始まった時点で勝つチャンスがないとわかってしまうからね。一方、スーパーGTの場合は多くのチームに勝つチャンスがある。だから面白い。

―― 昨年の鈴鹿1000kmにスポット参戦して以降、スーパーGTを戦っていくうえで足りない部分や、改善していきたいと思った部分はありますか?

バトン 予選での走り方だね。現段階では、決勝レースのペースは問題ないと思っている。鈴鹿にスポット参戦したときも感触はよかったし、今も違和感なくこなせている。だけど予選に関しては、もっと勉強して取り組まないといけないところがあると思う。

 たとえば、タイヤウォーマー。スーパーGTでは禁止されているから、どのようにウォームアップしていくかを考えるのは、僕にとって新しい挑戦だね。マレーシアでテストしたときは気温が高すぎたので参考にならない点も多かったけど、日本でのテストでは気温も安定しているし、開幕戦のコンディションにも似ているから、いい練習になっているよ。

 ただ、スーパーGTの予選は本当にハイレベル。どのドライバーもすごく速い。Q2に残るのは至難の業だ。本番でいい仕事ができるように、集中して取り組んでいるよ。

―― 昨年の鈴鹿でもサイン攻めにあっていましたが、スーパーGTのファンの印象はいかがですか?

バトン 日本に来るのは毎回、大好きなんだよ。ファンの熱気がすばらしい。特に日本のファンは、全員のドライバーを熱心に応援してくれている。

 スーパーGTはドライバーとファンとの距離がものすごく近いよね。他のレースにはない特別な雰囲気で、それがこのレースのよさだと思うよ。鈴鹿や富士のような大きなサーキットは盛り上がりそうだし、今年は初めて行く場所も多いから、そこで新しいファンに会えるのも楽しみだね。