2017.11.15

ウイング立てて直線伸びず。
なのにアロンソはホンダ批判という理不尽

  • 米家峰起●取材・文・撮影 text & photo by Yoneya Mineoki

 しかし、ホンダのあるエンジニアはそれに反論する。

 マクラーレンが目指しているのは「最速タイムの出せるマシン」ではなく、ドライバーが「走らせやすいマシン」なのだという。

「それが最速の妥協点ではないと思います。今回はメルセデスAMGやフェラーリでさえ、スピンやコースオフしているくらいだったじゃないですか? それでもマクラーレンはビシッとしていて、コースオフなんかしません。

 それが金曜日は、ダウンフォースを削ったらストフェルがターン2でスピンして、『ほら、やっぱり走れないじゃないか』という状況になった。トップチームでさえ、そのくらいギリギリのところまで攻めてダウンフォースを削っているのに、マクラーレンはしっかりダウンフォースをつけて、ドライバーが走らせやすいクルマを作ってしまっているんです。

 マクラーレンは伝統的に、そういうエンジニアリング方針のチームなんです。ドライバーの不満には絶対に応える、対応するっていうのが彼らの方針ですから。その結果、走りにくいけど速いマシンではなくて、ドライバーが走りやすいマシンに仕上がることになる。『こっちのセッティングのほうが速いから、後はお前ががんばって走ってこい』とドライバーに言えないチームなんですよ」