2017.10.26

レベルの高さをガスリーも絶賛。
かつての「日本からF1」ルート復活へ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 来シーズンのドライバーズラインナップや移籍情報は、現在まだほぼ白紙状態だ。だが、間違いなく来シーズンも豪華なメンバーが出揃う予感が漂ってきた。

 FIAはF1参戦に必要なスーパーライセンスの発給条件を満たすポイントリストを9月に改訂し、スーパーフォーミュラは前年と比べると5ポイント"格下げ"を受ける形となった。しかし実際には、海外のドライバーたちはスーパーフォーミュラを魅力のあるカテゴリーと考えているように思える。

 1990年代はエディ・アーバインやハインツ=ハラルド・フレンツェンなど、日本国内のレースで育った海外ドライバーがF1へステップアップしていくケースは多かった。近年、その流れがふたたび復活し始めているのは間違いなさそうだ。

■モータースポーツ 記事一覧>>

関連記事