2017.08.29

ドヴィツィオーゾ&ドゥカティの強さは本物。
ホンダ、ヤマハを脅かす

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

Moto2クラスでは中上貴晶が今季初優勝を遂げた さらに今回のイギリスGPでは、Moto2クラスで中上貴晶(なかがみ・たかあき/IDEMITSU Honda Team Asia)が優勝を飾った。レースの1週間前に来季のMotoGPクラス昇格を発表したばかりの中上は、「今回は絶対に勝ちたい」という気持ちで第12戦のレースに臨んだ。

 序盤に先頭集団のなかで様子を見ながら機を見て前に出て、タイミングを見計らって一気に引き離す――というレースコントロールは、強いライダーには必要不可欠な能力だが、この力強い勝ち方が今までの中上にはできなかった。最高峰クラス昇格発表直後のレースでこのような勝利を飾れたことは、ライダーとしても大きな自信につながったことだろう。

「今の状態のままじゃいけない、という気持ちは心のどこかにあったし、『絶対に勝ちたい』という強い決意がポジティブに働いて、いいレースをできました。この優勝は心の底からうれしいですね。今シーズンは正直、苦戦していて、一所懸命がんばってもいつもフランコ(・モルビデッリ/第12戦は3位・来季MotoGPに昇格)とトマス(・ルティ/第12戦は4位・来季MotoGPに昇格)に負けてばっかりだったんですが、今回は彼らとの勝負にもしっかり勝つことができたのでうれしいです」

 Moto2クラスの残り6戦は、中上にとって「最高峰で戦う資格」を証明するためにいっそう重要なレースとなることは間違いない。今回のリザルトは、最高の形でその弾みをつけることになったといえそうだ。

■モータースポーツ 記事一覧>>

関連記事