2017.05.26

驚異の集中力で予選5位。
激走アロンソはインディ500で勝てるのか

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

「ファンがガレージばかりか、ピットロードにもいるというのは、僕の知っている世界とまったく違う」と驚くアロンソだったが、戸惑いながらも、フェンス越しにファンにサインをしていた。

 プラクティスが始まると、F1とはまったく異なるフォーミュラカーにも、インディアナポリス・モーター・スピードウェイという特殊な性格のオーバルコースにも、アロンソは素早く順応している。その様子は「物見遊山や金目当ての参戦ではなく、1回の挑戦で本気で勝ちにきている」ことを強く感じさせた。

「習得に数年かかると言われるノウハウだが、自分はそれらを1週間とか10日間で身につけなければならない」とアロンソ。与えられた時間が短いことを十分に理解し、オーバル走行のマスターに極めて貪欲な姿勢を見せ続けている。午前中はホンダがインディアナポリスに持つシミュレーターに乗り、正午から6時まではコースを走行。これを予選後のプラクティスまで8日間、続けた。