2017.05.13

F1ホンダのモーターホームに潜入。
アロンソも好物の寿司にあの刻印が

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

お寿司の卵焼きにはなんとホンダのマークが刻印されていた 約20名のホンダスタッフを中心に、ドライバーたちやマクラーレン側スタッフにも請われて振る舞うこともある。水曜の昼食に始まり、木曜から日曜までは1日3食のすべてをこのモーターホームで提供する。寿司職人の杉本淳さんが握る鮨は人気メニューの筆頭で、ドライバーたちもよく口にしている。

 冷蔵庫には日本茶やラムネ、リポビタンDなど日本特有の飲み物も常備されている。それだけでなく、仕事に追われて時間のないスタッフの昼食用に特製のお弁当も用意している。

「和食のお弁当はとても好評で、最初のころはマクラーレンのスタッフがあっという間に食べてしまってホンダのスタッフが食べられないということもよくあったので(苦笑)、今はそれぞれマクラーレンとホンダのロゴを貼ってホンダスタッフ用のお弁当がなくならないようにしているくらいですよ。日曜日のレース後には、撤収作業の合間に食べやすいようカツカレーを提供します。もちろん、ホンダに勝ってもらいたいという願いを込めてです」

 現在ではミルトンキーンズで現地採用したヨーロッパ人のエンジニアも数名帯同しているが、彼らも和食を楽しんでいる。朝食にご飯と納豆を食べるスタッフもいる。