2017.05.08

スーパーGTはレクサス連勝。
名門セルモが富士を制した2つの分岐点

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 スーパーGTはタイヤウォーマーの使用が禁止されており、タイヤ交換直後の1~2周はタイヤがグリップせずにペースが落ちてしまう。この状態でいかにペースを落とさないかが勝負のカギと言われており、このタイミングで順位が入れ替わる可能性も十分にある。

 そのことを熟考した石浦は、ウォームアップのときからピットアウト直後を想定し、わざと温まっていないタイヤを履いてコースイン。その状況下で少しでも速く走る練習を行なっていたのだ。

「フリー走行の段階からコールドタイヤで練習させてもらったので、その成果が出せて自分なりに納得のできるアウトラップが走れました。途中でブルーフラッグにすぐ反応してくれないクルマがいて、大きくタイムを失ったりもしましたけど、立川選手になるべくリードを築いてから渡したいという気持ちで集中して走りました」

 この石浦の積極的なドライビングによって、それまで1~2秒ほどしかなかった後続との差はあっという間に広がり、気がつけば最大で15秒を超える大量リードを築くことに成功した。この貯金は、最終パートを担当した立川への大きな助けとなる。