2017.04.08

アロンソ離脱説が再燃。ホンダに迫り来る
「最終リミット」はいつだ?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

「フェラーリへの復帰はあり得ないと思う。メルセデスAMGの状況にもよるが、移籍先として有力なのは、むしろルノーだと思う。今はまだ中団にいるが、フェルナンドもエンストン(ルノーの本拠地)の実力はよく知っているからね」

 来季の残留か移籍について聞かれると、アロンソは言葉を濁した。

「今は何も言うことはない。もっと先にすべき質問だよ」

 しかし、移籍も含めてあらゆる可能性を排除してはいないとも語り、含みを持たせた。

「何ごともあり得ないことはないよ、人生にはね」

 ファブレハの言うとおり、アロンソの決断がホンダのアップデートにかかっているとなれば、ホンダの責任は重大だ。開幕戦の前後に起きたマクラーレンとホンダの離別騒動、メルセデスAMGへのスイッチ騒動も、これと無関係ではない。

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者の「新技術を投入した今季型パワーユニットの開発を簡単に考えすぎていた」というコメントが報じられ、日本中のファンを落胆させたが、どうやらこのコメント自体は事実であるものの、前後の文脈などを無視して本来の意味とはやや違ったニュアンスで引用されてしまったようだ。本来は「単気筒のテストで目標値を達成できた時点で、これ以降の開発は難しくないと考えた」という意味で述べたもので、単気筒からV6にした時点で想定どおりのパワーが出ず、そのままの実戦投入になってしまったということだ。