2017.03.29

現状はザウバーのちょっと上。
開幕戦ではっきりしたF1ホンダの戦闘力

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 実質的にはザウバーをわずかに上回る程度。それが、現状のマクラーレン・ホンダの実力だった。

 最大の理由はやはり、パワー不足だ。

「ストレートが8~9km/hくらい負けていましたから、この差というのは結構厳しい。それはやはり、パワー差の影響が大きいですね......。もちろんクルマも、アンダーだオーバーだという話もしていますし、セットアップがまだ決まり切っていないところもありますけど、全体のなかで一番大きかったのは、ストレートスピードが遅かったというところです」

 開幕前テストで問題視されたドライバビリティの問題は、燃焼のセッティングを煮詰めることでかなり改善された。ハードウェア面でも手を加えた最新スペックを、開幕戦仕様の「スペック1」として持ち込んできた。しかし、パワーの大幅向上は1日や2日でできるものではない。

「マッピングの熟成(による燃焼の最適化)はベンチで相当やってきましたから、その部分はかなりよくなっています。しかし、出力という意味では我々の目標に達していませんし、パワーの向上にはICE(内燃機関エンジン)そのものの改良が必要ですから、今すぐにというわけにはいきません。それが最大の課題であると認識しています」(長谷川)