2017.03.16

こっちのホンダ勢はいける!
インディ開幕戦でいきなり優勝、琢磨は5位

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 しかし、チームメイト3人のデータから自らのマシンにセッティングを施し、そこから予選に向けたファイン・チューニングを行なうや、チームでただ1人予選のファイナルに進出。レースでも5番手グリッドから安定してトップグループを走り続け、レース中盤には2周だけだがトップを走っている。燃費セーブも行ないながら優勝争いが可能なペースを保ち続けていたという。

 最後のピットで右フロントタイヤの交換に時間を取られたために3位フィニッシュを逃し、最終ラップにチームメイトのハンター-レイにもパスを許しての5位。悔しい結果ではあるが、マシンを把握し切っていない難しい状況から安定したパフォーマンスでトップ5に食い込んだのは大きな収穫だった。

 琢磨はチーム内での評価を上げることにも成功し、「データの豊富さは本当に大きな武器になるし、レースウィークエンドを戦い抜いたことでチームに溶け込むこともできた」と、好感触をつかんでいる。次戦は、かつて琢磨が優勝したことのあるロングビーチ(決勝は4月9日)。チームに馴染んだ琢磨の活躍に、より一層の期待がかかる。

■モータースポーツ 記事一覧>>


関連記事