2017.03.08

「今年もダメ」説に反論。
テストでF1ホンダに起きたトラブルの真相

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 最初のつまずきはあったが、我々が「2015年の二の舞か」と懸念するような状況ではないようだ。

「ちょっとつまずいてしまって、ちょっと転んじゃったし、ひざくらいは擦りむいたかもしれないけど、大ケガはしていないという感じです。大ケガしたなんて全然思ってないですよ。2日目で何かあったからといっても、どうってことはないと思っています。つまずいたという事実は残念ですし、走れなかったことは申し訳ないですけど、これが今シーズンを左右するみたいなことはまったくないですから。それよりもこれからセッティングを進めていったときに、競争力がどうなのかということのほうが重要です」

 そう語る長谷川総責任者の表情が今ひとつ晴れやかでないのも、マクラーレン・ホンダのスタッフたちの間にどこか活気がないのも、タイムシートの下位に留まっているからだ。心に重くのしかかっているのはトラブルなのか、パフォーマンス不足なのかと問うと、長谷川総責任者は当然とばかりに言った。