2017.02.16

小林可夢偉、スーパーフォーミュラ新チームと
ル・マン制覇の野望を語る

  • 米家峰起●取材・文・写真 text & photo by Yoneya Mineoki

 限られた機会と時間のなかで、まずは昨年の問題のひとつだったクラッチの感触を確かめておきたいと可夢偉は言う。

「まずはスタートですね、スタートの練習をしたいな。1年目はうまくいってたし、(自分自身に)問題ないとは思うんですけど、クルマが変わるからクラッチの感触は確かめて、スタートだけは確実にしておきたいなって思いますね。っていうくらいで、あとは(セットアップは)毎回サーキットによって違うからなんとも言えへんし、実際にそのときになってみないとね。

 タイヤもまだ今年バージョンがどんなものになるかわからへんから、実際にテストで走ってみて『どんな感じやろ?』っていうくらいで、こればっかりは実際に走ってみないとわかんない。もちろん、自分自身のドライビングにも満足はしてないし、自分なりに『こうしたほうがいいかな?』っていうイメージは浮かんでるんで、テストが少ないなかでそれをどうやってカバーしようかなっていうのを考えてるところですね」

 KCMGは1台体制の新興チームで、まだ上位で争った経験もなく、可夢偉の加入とともに飛躍を期している。それだけにドライバーとしての責任は重大で、可夢偉の肩に圧しかかるものも大きくなる。