2017.01.27

8年ぶりの大改革。F1新レギュレーションで
勢力図がガラッと変わる!

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 マシン幅が2000mmから1800mmへとスリム化されてタイヤにグルーブ(溝)が加えられた1998年は、ウイリアムズ・ルノーの黄金時代が崩壊してマクラーレン・メルセデスが頂点に上り詰めた。

 ダウンフォースが50%も削減されるほど空力が大幅に規制され、タイヤがスリックに戻るとともにKERS(運動エネルギー回生システム)が導入された2009年は、ワークスチームが没落してブラウンGPとレッドブルが急浮上を果たした。

 そんな波乱と勢力図の塗り代わりが、2017年にも現実のものとなる可能性は十分にある。3年連続王者のメルセデスAMGとて、当たり前のように頂点に居続けられるわけではないのだ。

■モータースポーツ 記事一覧>>

関連記事