2017.01.10

ホンダF1総責任者「いい加減にしろ!
と言われる前になんとかしたい」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

―― ルノーのように2016年型の開発は早々に打ち切って、2017年型に集中しようという考え方にはならなかった?

「う~ん、なんでそうしなかったのか......。本当に2016年を完全に捨ててしまえばそういう考え方もあったのかもしれませんけど、それはドライバーたちに失礼ですし、見てくださっている方にも失礼ですし、目の前の1戦1戦でベストを尽くすことも重要だと思います。僕らにとっては、技術進化とか長期スパンで見た開発という考え方もありますけど、ドライバーは命をかけて戦っているわけですし、我々としても、少なくともその時点でのベストなものを投入する責任があると思っています」

―― 先ほどおっしゃったように、2017年にメルセデスAMGやフェラーリに追いつくためにはセミHCCI(予混合圧縮着火)のような抜本的に異なる技術が必要ということですよね?

「そう思います。具体的にどんな技術かということはまだ申し上げられませんけど、世間で言われているような新技術は、すべて実際に研究検討しました。昨年5月の連休明けには『2017年用の開発を中心にして、そこから使えるものを2016年型に投入しようよ』という話もしたのですが、さすがにそれはとても間に合わないという判断に至りました」