2017.01.08

「F1界最強」アロンソ&バトンは
マクラーレン・ホンダを救ったか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 日本GPでの大敗を見ても明らかなように、今のマクラーレン・ホンダには車体もパワーユニットもレース戦略も、あらゆる面で"勝つ力"が欠けている。

 しかしそれは、成長の過程にあるがためで、目の前の結果に一喜一憂するつもりはない。

「ショックではないよ。ホンダの地元レースだから、あの結果には落胆したけどね。自分たちのクルマの弱点、何が欠けているかはわかっていた。他チームと同じレベルのパフォーマンスを発揮することができないタイプのコーナーがあり、鈴鹿ではそれが多かっただけなんだ。

 だから、タフな週末になるだろうということは事前にある程度はわかっていたし、あの結果はチーム全体がこのクルマに対して抱いていたことを裏付けるものだった。まぁ、想定以上に少しコンペティティブさが足りなかったのも事実だけどね。

 その理由をきちんと分析して理解し、来季のクルマに生かすことが大切だと思っている。シーズン終盤になって今季のクルマを改良したって小さなことしかできないし、その効果は少ない。それよりも今季のクルマの弱点を、来季のクルマではきちんと潰すことに集中すべきだと思う」

 よくも悪くもすでにほぼ完成形にあるフェラーリのような名門で戦い、全力を出し切って王座に手が届かないくらいならば、ゼロからのスタートを切ったマクラーレン・ホンダでともに努力し飛躍の一助となるほうが、より大きな成功を収めることのできる可能性が秘められている。だからこそ、アロンソはこのチームに加わり、今も努力を続けている。