2016.03.23

マクラーレン・ホンダ、
大クラッシュでも「トップ10」に手応え

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 ストレートエンドの最高速が伸びず、決勝では前走車のオーバーテイクに苦労した。それは、パワーがメルセデスAMGやフェラーリ製パワーユニットに及んでいないことに加え、ダウンフォースを得るために大きく前傾姿勢を取った車体側のドラッグ(空気抵抗)の大きさも影響していた。

 マシン挙動が改善されつつある今、車体面の次の"一歩"は、こうした空力効率の向上にあると言えるだろう。

「結果がすべてですから」

 開幕戦を終えて、長谷川総責任者は言った。

 しかし、中身に目を向ければレース後の長いブリーフィングが示すように、マクラーレン・ホンダがこの開幕戦で得たものは決して小さくなかった。

「自信を持てるような結果ではないと思っていますけど、今回得られたデータのなかでもう少し改善できるところもありますし、バーレーンに向けてきちんと準備していければ、それなりのポジションで戦えるのではないかと思っています」

 一歩ずつ、一歩ずつ、しかし着実に進んでいくマクラーレン・ホンダの姿が、今年は見られそうだ。


●F1記事一覧>

関連記事