2016.01.22

【F1】待望のホンダ優勝と
日本人ドライバー登場はいつか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki  桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 GP2は今、世界でもっともバトルが荒々しく、激しいレースのひとつ。しかもフリー走行の時間は短く、ルーキーには厳しい。それでも1年目にこれだけの走りができた松下には、多くの関係者が「これまでの日本人ドライバーのなかでもっともポテンシャルを感じるドライバーのひとり」と評価する。

 松下自身は、王者となったストフェル・バンドールンの僚友として走ったことで、多くを学べたという。

「2015年の自己採点は20点。ストフェルと較べても全然、まだまだというのが現実ですから。でも、やれるなという手応えは掴めました。僕はやっぱりF1に行きたいし、そのためにはここで勝たなければいけません。今年はチャンピオンを狙います」

 今年から、F1のスーパーライセンス取得には下位カテゴリーでの成績に応じたポイント制が導入されるので、松下以外にF1まで辿り着けそうな日本人ドライバーはすぐには出てこないだろう。しかし、松下がF1で活躍する日はそう遠くないはずだ。

F1 記事一覧>

関連記事