2015.11.18

【F1】シーズン終盤で突如噴き出たホンダの「新たなトラブル」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki  桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「スペック4は出力を上げることに注力して開発してきたわけですが、パフォーマンスの向上はちゃんと実感できています。それと関係したところにトラブルが起きているわけでもありません。しかし、出力を上げながら信頼性も上げるという“二兎”を追っているわけで、その難しい作業を2年間やってきた他メーカーにはまだ追い付けていない、というのが実感です。この厳しい経験をきちんと踏み台にしなければ、『追い付け追い越せ』なんていうことは言えません」

 今回の出来事はショック療法のように、改めてホンダを引き締め直すキッカケになるかもしれない。実戦テストのごとき戦いを強いられてきた今シーズン後半戦も、すでに終わりを迎えようとしている。こうした大きなトラブルが、来年を迎えてからではなく、今のうちに出し尽くせたことは、前向きにとらえるべきかもしれない。

 次は最終戦アブダビGP。厳しかったマクラーレン・ホンダ1年目のシーズンも、いよいよ終わりを迎えようとしている。

関連記事