2015.11.10

【MotoGP】ロレンソが逆転総合優勝。ロッシは届かず不満爆発!

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira  竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

「今日のレースには戸惑うばかりだ。このスポーツのためにも良くないと思う」とロッシに非難されていることを聞いたマルケスは、「もし、自分がロレンソを守るつもりなら、リスクを賭けて彼を追いかけることなんてせず、5秒くらい後ろで安全に走ることもできていた」と、ロッシの猜疑心を言下に否定した。

 第18戦のロレンソとロッシはともに素晴らしい走りで、両選手が全力を絞り尽くして戦い抜いたことは誰の目にも明らかだ。だが、チャンピオン争いの雌雄が決したあとにも、この奇妙な場外乱闘の影響は、しばらく後を引きそうな気配だ。

 ちなみに、ロッシが疑惑の目を向けるレース終盤の展開だが、マルケスがロレンソを追い抜いてマルケス1位、ロレンソ2位で終えていた場合、ロレンソとロッシのポイントはともに325ポイントで並んでいた計算だ。だが、その場合でも、総勝利数はロレンソ「6」、ロッシ「4」となるため、いずれにせよロレンソの年間総合優勝は揺るがなかったことになる。


関連記事