2015.04.01

【MotoGP】最強の36歳。
開幕戦勝利のロッシが40歳まで現役宣言

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 レースが自身の優勝で終わったことで、笑って振り返ることもできたが、土曜の予選を終えた段階では、最終コーナー立ち上がりのグリップ不足とそれが原因でストレートスピードが伸びないことを不安材料として挙げていた。

激しいトップ争いを繰り広げたロッシ(右)とドヴィツィオーゾ「リアのグリップに苦労していて、少し良くなると別の問題が出るんだ。でも、今日から明日にかけて皆セッティングを変えてくるし、自分たちもそうだから、明日を待ちたい。去年は二台のホンダと二台のヤマハの勝負だったけど、今年はドゥカティも強そうだね」

 日曜の決勝を見据えたセッティング変更は見事に功を奏し、スリリングなバトルを制したロッシは、20年目のシーズン開幕戦で最高峰クラス83勝目を達成した。

「ドビ(ドヴィツィオーゾ)は常に自分よりも速かったから、昨日までの段階ではドゥカティと戦えるかどうかよくわからなかった。でも、ドゥカティに長所があるように、ヤマハにも別の長所がある。ドビと僕は、それぞれ別の切り札を持って戦っているようなもの。最終的にバイクがとてもいい状態で、よく走ってくれた」

 ストレートでのトップスピード不足というヤマハにとって不利な材料も「他の長所がうまく埋め合わせてくれた」とジョーク交じりで話す。

「有利な場所でリカバーできていたから、周回ごとになぜかドビに対して不利じゃなくなっていった。ドビの後ろにいると、引っぱってくれるからいいよね。単独だとあのスピードは出せない(笑)」

 一方、優勝候補最右翼と見なされていた2年連続チャンピオンのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、スタートに失敗。必死の追走で上位を狙ったものの5位でレースを終えた。