2013.03.25

【F1】残った遺恨。
チームメイト同士のバトルの難しさ示したマレーシアGP

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「終盤になって、あとはただ最後までレースをコントロールするだけだった。最後のピットストップを終えてから、チームからは『この(ポジションの)ままレースは終わりだ』と伝えられたから、エンジンの回転を下げてタイヤを労(いたわ)りながら走っていたし、そのままフィニッシュするだけだったんだ。でもセブ(ベッテル)が”自分の決断”を下したんだ」

 ベッテルはレース終了後、すぐにウェバーに謝罪した。しかしウェバーの怒りは収まらなかったという。

「この勝利に対して、ハッピーではないよ。僕はミスを犯してしまったんだからね。取り消すことが出来るのならそうしたいけど、それは不可能だ。最高の気分とは言えないよ。今夜は簡単には眠れないと思う。僕のやったことに対してマークやチームが不満を覚えていることは理解できる。マークとチームに対しては申し訳ない気持ちでいっぱいだ。これからもっと彼らに対して説明して話し合いたいと思っている」

 こんな展開になったことには、レース序盤から伏線があった。

 スタート直前に降った雨のせいで、レースはウエットコンディションで始まった。しかし路面は見る間に乾いていき、ベッテルは5周目にドライタイヤに換えた。だがその交換はやや速すぎ、タイヤの温まりに苦しむうちに、2周後に絶妙のタイミングでタイヤ交換をしたウェバーに逆転を許してしまった。

 ここからベッテルの我慢のレースが始まった。ウェバーに前を抑えられてはいるが、速さではベッテルの方が上。はやる気持ちを抑えきれないベッテルを、レースエンジニアのギヨーム・ロクランがなだめ続ける。

「マークは遅すぎる! 彼をどけさせてくれ!」

「セバスチャン、我慢しろ。まだレースの半分でしかないんだ。(ウェバーに)近付きすぎるな。3秒差を保ってタイヤを労(いたわ)るんだ」

 オーストラリアGPでの失速で明らかだったように、今年のレッドブルのマシンはタイヤに優しくない。マレーシアGPの週末も、レッドブルはその点を非常に気にしていた。それがこうした指示を呼んだのだ。

 ベッテルは残り3回のピットストップでウェバー逆転を狙ったが、いずれも不発に終わった。それどころか、ルイス・ハミルトンに先行されて3番手になり、コース上で追い抜かなくてはいけない状況にもなった。

 ベッテルはなんとか2番手に浮上はしたが、43周目に最後のピットストップを終えた時、チームは”バトルの終了”をふたりに告げた。無理せずに2台揃ってチェッカーを受けろ、と。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は次のように語る。