2013.01.27

【F1】新シーズンを占う最大のカギ。
ピレリの新タイヤはこれだけ変わった

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki photo by Yoneya Mineoki

ピレリのピレリのR&Dセンターでテストされるタイヤ こうした開発は、冒頭で述べたようなシミュレーション技術の向上が大きな役割を果たしている。2年前のF1マシンを使用した実走テストも行なっているとはいえ、最新型のマシンとは似て非なるものであり、そのデータは参考程度にしかならない。

 開発の基礎はシミュレーション技術によって裏打ちされる。シミュレーションの精度に自信があるからこそ、新設計で性能向上と弱点強化の両立に乗り出すことができた。このアグレッシブなタイヤは、彼らが2年間のF1活動で学んできたことの集大成ともいえる自信作なのだ。

「開幕までにテストの機会はさほど多くはない。しかしタイヤの変化は大きい。とにかく、新しい特性をいち早くしっかりと理解して、タイヤをしっかりと使いこなせるようにして、開幕戦に備えることが各チームにとって重要になるだろう」(ポール・ヘンベリー)

 2013年はマシンの側に大きな規定変更はなく、唯一ともいえる技術的な変化がこのタイヤだ。つまり、タイヤこそが勝敗のカギとなる。速くてタレやすいという、アグレッシブに進化したピレリタイヤの性能をいかに使いこなし、デグラデーションを巧みにコントロールするか。
 
 まずは開幕までに用意された12日間のテストを、各チームがどのように過ごすかが2013年シーズン最初の注目ポイントになるだろう。

関連記事