2012.02.23

【F1】開幕前テストで出揃ったニューマシン。
速いのはどのチームか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Getty Images

 ヘレスに比べて高速域での走行が多く、ハードブレーキングや縁石の乗り越えなどマシンにかかる負荷が大きいバルセロナに来て、マシンの各部が破損するチームも少なくない。しかしロータスほどの大改修が必要となるケースは稀(まれ)だ。これによりある程度開発のスピードが削がれてしまう怖れもある。

 メルセデスAMGは、過去に他チームでテクニカルディレクター(技術責任者)を経験した3人ものエンジニアを獲得して強化した体制で、新車W03を完成させた。ライバルの2週間遅れで新車を出してきたということは、それだけ長く開発に時間をかけたことになり、開幕までに走り込める距離は少なくなるが、信頼性の高さでこれをカバーするつもりだという。それでも、今回のバルセロナが初テストであるため、まだシステム確認やセットアップの段階で、本領発揮とまではいっていない。

 ミハエル・シューマッハは「妥当なレベルでポジティブだ」と表現しながらも、ライバルとの比較を急いではいない。まだ目立ったタイムは出していないが、チームはいきなり優勝が可能だとは考えておらず、むしろ今季は将来のチャンピオン獲得に向けた再編成の1年と捉えているようだ。

 トラブルが続くザウバーも、バルセロナに来てようやく本来のプログラムが進んできた。セットアップ作業が始まり、徐々にペースは上がりつつある。小林可夢偉も「データを分析した限りでは、悪くないポジションにいるはず」と語り、課題は、各チームが開幕戦仕様のアップデートが投入される翌週3月1日から4日のバルセロナ合同テストでどこまでポテンシャルを引き出せるか、だ。

 今季も相変わらずレッドブル優位の様相が漂う2012年シーズン開幕前のF1だが、実際のところはフタを開けて見なければ分からない。チームにとってもファンにとっても、まだまだ予断を許さない開幕前テストが続くことになる。

関連記事