2022.05.08

桜花賞で真価を示したスターズオンアース。陣営の二冠達成への自信は膨らむばかり

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

 前哨戦となる重賞では惜敗続きだったが、厩舎スタッフは当初からこの馬の能力を高く買っていた。それが、クラシック初戦で存分に発揮されたことで、陣営も大いに沸いているという。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「スターズオンアースはもともと調教の動きがよく、レースでかかるなど、これといったクセもなかったのですが、スタッフによれば、3戦目あたりから『レースでモタれたり、引っかかったりするようになったきた』とのこと。それでも、桜花賞で初めてコンビを組んだ川田将雅騎手は、調教で一度乗っただけで『コントロールできそう』と話していたとか。そして実際、レースではすばらしい立ち回りを見せました。

 その分、川田騎手の騎乗には賛辞がやみませんでしたが、ハミを替えたことも大きかったようで『桜花賞では真っ直ぐ走って、この馬の全能力が出せた』とスタッフ。もちろん、この走りはまぐれではなく、陣営は『当初から見込んでいたこの馬の実力が出た結果』と見ています」

 桜花賞の勝利によって、クラシック第2弾のGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)でもスターズオンアースが有力視されることは間違いない。その次走について、陣営の期待は一段と膨らんでいるという。先述のトラックマンが続ける。

「1800m戦でデビューしていますし、一時は2000m戦への出走を検討していたこともあって、陣営は『距離延長には不安がない』と話しています。桜花賞では抑える競馬もできましたし、『レースぶりに幅が出たのも強み』とも。東京コースも経験済みですし、二冠獲得にも手応えを感じているようです」

 桜花賞でついに本来の力を見せつけたスターズオンアース。注目度が高まるなか、オークスではどんな走りを見せるのか、必見である。