2021.12.24

神部美咲が有馬記念を予想。本命は自身が見習いたい馬で「井森美幸さんのような存在」

  • 河合 力●構成 text by Kawai Chikara
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

競馬番組で活躍する神部さん競馬番組で活躍する神部さん この記事に関連する写真を見る  馬券で印象に残っているのは、GⅠ宝塚記念(6月27日/阪神・芝2200m)です。今回の有馬記念にも出走するクロノジェネシスが勝ったのですが、2着ユニコーンライオン、3着レイパパレの3連単を当てることができました。

 特にうれしかったのが、2着のユニコーンライオンです。7番人気の伏兵でしたが、直前の調教動画を見ていたらピンときて。正直、調教で見るポイントはまだわかっていないのですが、なんとなく雰囲気がいいと感じたんです。

 まだ2年弱の馬券キャリアですが、今のところ一番うまくいった予想かな、と。ただ、あれ以来、穴馬を当てた時の気持ちよさを知ってしまって(笑)。最近は第2のユニコーンライオンを探そうと、穴馬に偏りすぎてしまうんですよね。その結果、かえって当たらなくなるという(笑)。

 共演者の方にこの話をすると「大丈夫、みんなが通る道だよ」と言われます。早く自分の予想スタイルを固めたいところですね。

【外せないのは「基礎レベルが違う」馬】

 ということで、有馬記念を展望してみます。最近は、予想するうえでレース展開も考えるのですが、今回のメンバーはどうなりますかね。おそらくパンサラッサ(牡4歳)が逃げにこだわりそうなので、タイトルホルダー(牡3歳)は、前走のGⅠ菊花賞(10月24日/阪神・芝3000m)を勝った時のような逃げには持ち込めないはず。

 そのほか、キセキ(牡7歳)も途中から押し上げていくかもしれないし......予測がつかないメンバーですよね。

 ただ、どんな展開になったとしても、クロノジェネシス(牝5歳)は外せないかなと思います。