2021.12.20

ウマ娘をきっかけに人気再燃。有馬記念で3年連続3着と競馬ファンに愛された名脇役・ナイスネイチャのストーリー

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

 やはりこの馬を語る上で欠かせないのは、有馬記念3年連続3着という記録。最初の"銅メダル"は、1991年の有馬記念だった。

 前年(1990年)にデビューしたナイスネイチャは、この年の夏から4連勝で頭角を表す。初めてのGI菊花賞(京都・芝3000m)こそ4着に敗れたが、続く重賞をふたたび制して有馬記念に挑んだ。

 当日は、並み居る強豪に混じって2番人気の有力候補に。1番人気は、長距離で屈指の強さを誇るメジロマックイーンだった。

 レースでは、マックイーンの後ろを追走。直線で大外に持ち出し、1番人気の主役に狙いを定めてスパートをかけた。鞍上の松永昌博騎手の合図に応えてしっかり伸びたが、最内から伸びた14番人気の大穴ダイユウサク、そして2着のメジロマックイーンから後れをとって3着に敗れた。

 翌1992年は、勝ち星こそないもののGIで上位に入るなど、脇役ぶりが徐々に定着してきた時期。有馬記念の前に挑んだGIマイルCS(京都・芝1600m)でも3着に入っていた。

 そして、2度目の有馬記念3着が訪れる。この年は、メジロパーマーとダイタクヘリオスが他馬を引き離しての大逃げ。4番人気のナイスネイチャは7番手を進んだ。

 場内がざわついたのは向正面。逃げに逃げたメジロパーマーのリードが縮まらない。ナイスネイチャは早めに動き出し、前方を捉えにかかる。

 しかし、逃げたメジロパーマーは最後まで止まらなかった。ゴール前で鋭く追い上げたレガシーワールドをハナ差抑えての逃げきり。15番人気での大金星だった。前年に続く大波乱にどよめいたゴール前。そのなかで、ナイスネイチャは2頭からコンマ2秒遅れての3着で入線したのだった。