2021.12.12

牝馬二冠ミッキークイーンの初仔は、名門・国枝厩舎が期待する良血ミッキーキング

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 そんな逸材について、厩舎関係者はどんな感触を得ているのだろうか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ミッキーキングはデビューの予定こそまだ立っていませんが、ゲート試験はすでに合格しています。トレセンでの強い調教もこれからという段階であるものの、『馬体のつくりはよく、気性も問題なさそう』とスタッフ。馬体重も460〜470kgほどで、程よいサイズと言えます」

 デビューが遅れているとはいえ、ケガなどによるものではないという。その詳細について、先述のトラックマンが語る。

「まだ体質がパンとしておらず、調教を強めると疲れが出てしまうようです。それでも、この血統ですから、厩舎の期待度が高いのは確か。調教を重ねるなかで、『血統のよさが出てくれば』とスタッフは話しています」

 陣営としては、良血ゆえ、中途半端に使うよりもじっくりと仕上げていきたいといった意向もあるのだろう。

 3歳牝馬女王となった母を持つミッキーキング。母同様に3歳のひのき舞台で躍動できるのか。デビューを迎える日が待ち遠しい。