2021.12.01

チャンピオンズCに挑むソダシの可能性。バリバリのダート血統ながら不安要素もあり

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

「芝とダートの一番の違いは、ダート競馬では砂をかぶること。どんな馬も必ず、これを嫌がります。もちろん、そこには程度の差があって、どうしても我慢できない馬はダートに向きませんが、我慢できる馬はそれに少しずつ耐えながら、次第に慣れてきて、ダート戦にも対応できるようになります。

 ただ、ソダシはもともと気性に難があるタイプ。そのため、砂をかぶることに我慢がきくかどうか。それを見極めないうちにいきなりGIというのは、やはり厳しいように思います」

 専門紙記者の見解は厳しい。

 とはいえ、先行脚質のソダシにとって、砂をかぶらない位置で競馬をすることはさほど難しいことではないだろう。たとえば、真ん中から外寄りの枠を引いて、うまくスタートをきって、気分よく先行する。そういう競馬ができれば、フルに能力を発揮できるのではないか。

 いきなりGIというのは確かに酷な条件かもしれない。しかし、デビュー以来「厳しい」と言われながら、あらゆる難題をことごとく克服してきたのが、ソダシである。

 今年のチャンピオンズCは、日本競馬界における新たな"二刀流"伝説の幕開けとなるかもしれない。