2021.10.16

横山ルリカが秋華賞を展望。激推しする「純白のアイドル」以外で重視する馬は?

  • 土屋真光●構成 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

 ただ......、他にも魅力的な馬はいっぱいいますよね。

 春の実績組では、アカイトリノムスメ(牝3歳)は「秋華賞の国枝厩舎」ですから買わないといけません。桜花賞、オークスと求められる適性が違うなかで好走しているのは力がある証拠。お母さんは三冠牝馬アパパネという良血馬ですしね。

 オークスを勝ったユーバーレーベン(牝3歳)も、阪神ジュベナイルFでも3着と好走していますし、最後にまくってズドーンと差してくる競馬もコースに合っています。ゴールドシップ産駒は、阪神2000mで上がり3位以内の脚を使うと必ず連対するとのデータもあるんですよ。ただし今回は意図しないぶっつけのレースになったというのが気になっています。追い切りを見た方にはどんな様子だったか教えてほしいです(笑)。

 この2頭はオークスからのぶっつけ。ここ3年では、同じローテーションの馬が勝っていますが、よくよく調べてみるとデアリングタクト、クロノジェネシス、アーモンドアイなんです。一方で意外と2桁着順もいるので、人気だけどどっちになるんだろう、という感じですね。

 穴っぽいところは、前走紫苑S組のミスフィガロ(牝3歳)スルーセブンシーズ(牝3歳)です。ともに前走では、後方から伸びてきた馬でミスフィガロは外を回しながら加速して上がりは最速。もともと馬体重があまりない馬ですが、夏場に使ってもプラス体重という充実度と、先週のGⅡ京都大賞典で勝ったマカヒキと同じ友道康夫厩舎、藤岡康太騎手、金子真人オーナーのチームというのもポイントです。ワグネリアンの全妹と、血統的にもすばらしいです。