2021.10.16

横山ルリカが秋華賞を展望。激推しする「純白のアイドル」以外で重視する馬は?

  • 土屋真光●構成 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

秋華賞の展望を語った横山さん秋華賞の展望を語った横山さん  データ的には、阪神開催でいつもとはちょっと様相が変わるかなと思っています。まず、コース形態からGⅢ紫苑S(中山・芝2000m)組は重視したいです。それから、GIIローズS(中京・芝2000m)組はこれまで秋華賞だと苦戦のデータですが、今年はコーナー4回の2000mのコースで行なわれているので、見直してもいいかもしれません。

 あと関東馬は全体的に不振ながら、国枝栄厩舎だけは上位に来ますね。ただ、今年は関東馬もいい馬がそろっているので、データブレイクが起きそうかなと思います。

 そして、人気馬が1着に来るんですが、2、3着が荒れるレースが多いんですよね。軸は堅くても、相手を手広く見ると、いい配当がつくレースです。阪神での開催をふまえて、ファインルージュ(牝3歳)アンドヴァラナウト(牝3歳)は重視したいと考えています。

 ファインルージュについては、紫苑Sで前め内めの馬が有利ななか、すばらしいキレを見せて勝ち、距離が合わずか大敗だったオークスのあとからめちゃくちゃ成長した姿が見られました。そしてなんと言っても、コンビでは2戦2勝の(クリストフ・)ルメール騎手が騎乗。そのルメール騎手は、先日の追い切り後で折り合いも大丈夫と自信を見せていました。馬格もあってパワーもあるのは阪神向きで、本番も楽しみです。

 アンドヴァラナウトは、前走のローズSでコーナー4回も克服済み。自在性もあっていいポジションから最後に"いい脚"を使えるのは武器なので、中2週のローテーションで上積みさえあれば、ローズS組不振のデータも覆せると思います。お母さんのグルヴェイグが阪神芝2000mのGⅢマーメイドSを快勝しているので、血統的な適性も魅力です。