2021.09.19

アメリカGI2勝の子、ソリダリティは「すらっとした好馬体」でいい脚が使えそう

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Getty Images

「この馬はゲートに受かってから、いったん放牧に出されていました。放牧前は非力なところもあったようです。それが、厩舎スタッフによれば『再入厩してからは、しっかりしてきた』とのこと。さらに、『この時期の2歳馬としては、十分な時計で調教できている』とスタッフの評価は高く、『いい位置で流れに乗った競馬ができれば、楽しみ』という声も聞かれました」

 放牧から戻ってきたソリダリティは馬体もすこぶるよくなっているという。厩舎スタッフの評判を、先述のトラックマンが続けて語る。

「体重は十分にあるタイプですが、『重苦しさはない』とスタッフ。『背が高く、すらっとした馬体をしている』とも話しており、かなりいい脚を使えそうです。ここまで順調に調教をこなせているので、楽しみな1頭と言えるのではないでしょうか」

 陣営の期待も大きい良血馬は、初戦から評判どおりの走りを見せることができるのか。間近に迫ったデビュー戦から目が離せない。