2021.07.02

CBC賞は「小倉/芝1200m」の成績を重視。種牡馬の実績も見て2頭に注目

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 今回、ロードカナロア産駒は2頭が登録を行なっているが、その中ではビオグラフィー(牝4歳/栗東・藤岡健一厩舎)に注目したい。小倉では2戦して7着2回と凡走が続いているものの、今年3月に行なわれた2勝クラスの豊橋特別(中京/芝1400m)、次走の3勝クラスの淀屋橋S(阪神/芝1200m)と連勝。重賞初出走となった前走のGⅡ京王杯スプリングC(東京/芝1400m)は、逃げ粘って勝ち馬から0秒3差の5着に好走しており、ここにきて力をつけている。そのレースでの1000m通過タイムは56秒8となかなかのハイラップで、今回のCBC賞でもハナを奪うことができるスピードの持ち主だ。

 血統は、母チアズメッセージがGⅢ京都牝馬S(京都/芝1600m)、兄クリプトグラムがGⅡ目黒記念(東京/芝2500m)の勝ち馬。クリプトグラムはロードカナロアの父キングカメハメハ産駒なので3/4同血だが、タイプは兄と大きく異なっている。ちなみに「父ロードカナロア、母の父サンデーサイレンス」は、GⅠ9勝のアーモンドアイや、GⅡスワンSやGⅢ函館スプリントSを勝ったダイアトニックと同じで、スプリント戦にも実績のある配合だ。

 以上、今年のCBC賞は、九州産馬ヨカヨカ、成長著しい4歳馬ビオグラフィーの牝馬2頭に期待したい。