2021.06.27

宝塚記念のサイン馬券。ヒントとなるのは葵わかなのポスターか、オリックスの快進撃か

  • 令和サイン馬券研究会●文
  • photo by Kyodo News

研究員「ほんとですかぁ? 怪しいもんですね。だいだい、所長にお孫さんなんていましたっけ?」

所長「い、言ってなかったか? そんなことより、ワシは37年ぶりに11連勝を飾って、目下パ・リーグ首位(6月25日時点)のオリックス・バファローズの快進撃がカギじゃと思っておる」

宝塚記念の馬券のヒントはオリックスの快進撃にある!?宝塚記念の馬券のヒントはオリックスの快進撃にある!? この記事に関連する写真を見る 研究員「確かに、オリックスの前身は阪急ブレーブス。阪急(電鉄)と言えば、宝塚駅もありますし、阪神競馬場の最寄り駅(仁川駅)もありますからね。宝塚記念との関連は大いにありそうな気がします」
                     
所長「で、オリックスがバファローズになる前の球団名は、ブルーウェーブ」

研究員「えっ? やっぱり"青"で4枠じゃないですか!」

所長「ちゃうちゃう。ワシが注目するのは、母が"ブルー"ダイヤモンドのアリストテレスじゃ。それとな、宝塚記念が行なわれる6月27日まで、オリックスは『Bsオリ姫デー』、いわゆるレディースデーを開催しておるんじゃ」

研究員「"姫"だから、牝馬ボックス買いとか?」

所長「それも面白いかもしれんが、ワシが気になるのは、母がシラユキ"ヒメ"のシロニイ。上野動物園ではパンダの双子の赤ちゃんも生まれたことだし、クロノジェネシスとのワンツーで"シロクロ馬券"なんてどうじゃ! ガハハハハッ」

研究員「そこまでひねらず、単純に"11"連勝で、7枠"11"番のモズベッロでいいと思うんだけどな......」