2021.06.27

注目の高額馬がついに初陣。アメリカの2歳女王を姉に持つフィデルは良い走りを見せられるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「フィデルについて、友道調教師は『順調な仕上がり。本格化するのはまだ先になると思うけど、能力は高そう』と好評価を口にしています。他のスタッフも『最初は(馬体に)薄いところがあったけど、徐々に幅が出てきました。いい形で成長している』と満足気に話していました」

 また、同馬の動き自体も悪くないという。友道調教師が「能力は高そう」と語るのも、その走りから伝わってくるものがあるそうだ。トラックマンが続ける。

「470kgほどの程よい馬体で、スタッフによれば『軽いフットワークで、スピードもありそう』とのこと。気性もうるさくなく、おとなしいとか。その分、『折り合いもつきそう』とスタッフ。デビューに向けて、陣営はかなりの好感触を得ているようでした」

 アメリカの2歳女王となった姉同様、フィデルも世代の頂点に立つような活躍を見せることができるのか。まずは、デビュー戦の走りに注目したい。