2021.06.20

宝塚記念で堤礼実アナが応援したい馬は?「一戦ごとにどんどん力をつけている」

  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 今年に入ってからも、海外GIのドバイシーマクラシックで2着と奮闘。さらに今回は、クリストフ・ルメール騎手が手綱をとる予定ですから、一段と人気になりそうです。初コンビがどんな相乗効果を見せてくるのか、その辺りも興味深いです。

 また、武豊騎手がアリストテレスに騎乗。こちらの初コンビも気になります。アリストテレスは、GI天皇賞・春では4着に屈しましたが、昨年のGI菊花賞では無敗の三冠馬コントレイルとの大接戦を演じた実力馬。巻き返しが期待されます。

 個人的な注目馬を挙げるなら、やはりレイパパレですね。名前にレイがつく"レイつながり"で宝塚記念でも応援したいと思っています。

 これまでのレースを振り返ると、レイパパレは一戦ごとにどんどん力をつけていることが目に見えてわかります。GI大阪杯ではコントレイルをはじめ、有力馬が顔をそろえるなか、「こんなに簡単に勝っちゃうの!?」と驚いてしまうほど、強い勝ち方を見せてくれました。

 無敗のまま制した大阪杯に続く、GI連勝に期待が膨らみます。

 6月に入って、2歳戦も始まりました。ここから未来のスーパーホースが登場するかもしれないので、こちらも目が離せません。

 特にディープインパクト産駒の2歳戦が見られるのは、あとわずか。これまで、強い馬を数多く世に送り出してきましたから、残り少ない産駒の走りもしっかりと目に焼きつけておきたいと思っています。

 あと、私が競馬番組を担当するようになって、最初に出会った"スターホース"キタサンブラックの初年度産駒もいよいよデビューします。こちらも注目しながら、2歳戦の行方もしっかりチェックしていきたいです。

Profile
堤 礼実(つつみ・れいみ) 2016年フジテレビ入社。
1993年11月23日生まれ、米国カリフォルニア州サンノゼ出身。
血液型:O型。趣味:ミュージカル鑑賞、ダンス。
好きなもの:東宝ミュージカル、宝塚歌劇、ハプスブルク家、
パクチー、チーズ。
モットー:「一瞬一瞬を大切に」「意志のあるところに道はある」

『みんなのKEIBA』(毎週日曜・午後3時00分~)
★『みんなのKEIBA』公式HPはこちら>>
★『みんなのKEIBA』のTwitterはこちら>>
★堤礼実アナのInstagramはこちら>>