2021.06.12

混戦の函館スプリントSは良血2頭に注目も、上昇一途の「曲者」にも要注意

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro
  • photo by Sankei Visual
函館スプリントSでの一発が期待されるミッキーブリランテ函館スプリントSでの一発が期待されるミッキーブリランテ  そして、今回の「ヒモ穴馬」にはミッキーブリランテを取り上げたいと思います。

 このところ短い距離のレースに矛先を向けて、強い相手にも奮闘。レース内容からも、適性の高さが感じられます。馬の成長もあるのでしょうが、距離短縮で新味を見せています。

 今回のメンバーを見ると、スプリント重賞の常連といった実績馬は不在。そのメンバーレベルと、ミッキーブリランテの上昇度を鑑みれば、上位争いも十分に可能と踏んでいます。

 少々ズルい気性のようですが、手綱をとる和田竜二騎手にはこの手のタイプが合っています。わざわざ北海道までこの馬に乗りに行くことからも、同馬の素質を買っていることがうかがえます。一発あっても不思議ではありません。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆函館スプリントSの注目の2頭。北海道の洋芝で3歳牝馬の好走に期待!>>

◆初陣間近。松山弘平騎手が「水準以上」と好感触を得ているベルクレスタ>>